上階のドタバタ音

音に悩んでいる人の対策方法

マンションやアパートに住んでいると、上の部屋に住んでいる人の足音が気になることがあります。

特に上の部屋が小さな子供がいる家族の場合、子供が椅子やソファーなどから床に飛び降りたり、走り回ってドタバタする時があります。そのようなうるさい音の対処方法です。

管理会社へ連絡
まず、すべきことは、マンションやアパートの管理会社にうるさい部屋があるということを訴えることです。

直接、うるさい部屋に文句を言いに行った方が早いのではと思う方もいるかもしれないけど、逆恨みをされたり、無視をされる可能性もあります。トラブルにならないためにも管理会社に連絡をして、管理会社経由で音がうるさいということを伝えてもらうべきです。

耳栓とイヤーマフ
管理会社によっては集合住宅である以上は、ある程度の音は仕方がないと考え、音を発生させている部屋に注意をしてくれない場合があります。

そういった場合は、自分の方で遮音をするしかありません。自分で遮音をするには、耳栓とイヤーマフが最適です。耳栓をしてからイヤーマフを着ければ、ほとんど周囲の音が気にならないレベルまで騒音を防ぐことができます。

音を発生させている人の対策方法

マンションもしくはアパートに住んでいて、小さいお子さんがいる方は子供が走り周る音やドタバタする音が、階下にうるさいと思われていないか気が気ではないかと思います。

そんな時は、以下の対策をすると良いでしょう。

防音マット
ドタバタ歩き廻る音を階下に伝えないためには、防音マットが最適です。防音マットは足が設置する時の衝撃を和らげ、大きな音が発生するのを抑えます。

コルクマット
子供が小さい場合は、ある程度硬さのある防音マットより、柔らかいコルクマットの方が良いでしょう。
コルクマットであれば、万一子供が転んだ場合でも、緩衝材となるため、タンコブやアザができたりといった怪我をする可能性は低くなります。

防音カーペット
防音マットやコルクマットの上に防音カーペットを敷くとさらに遮音効果が高まります。また、カーペットは肌触りや良いので、生活空間を快適にします。

防音カーテン
室内の音は部屋の窓から室外に漏れやすいです。窓越しに外に伝わる室内の音は、防音カーテンで遮断することができます。