ドアの開閉音

音に悩んでいる人の対策方法

ドアがバタンと閉まる音は、ドア自体が振動板となって響くため、とても大きな音となります。

この音に悩んでいる方の対処方法です。

シールテープ+遮音シート
アパートやマンションの様な集合住宅に住んでいる方は、建物の通路側から自室の玄関ドアを通して音が部屋に侵入してきます。

だから、自室の玄関ドアとドア枠の間をシールテープで埋めてしまうと効果的です。また、より防音効果を高めたいなら自室の玄関ドア一面に遮音シートを張ると良いでしょう。

シールテープ+防音カーテン
同じ建物ではなく、近所の他の建物のドア開閉音がうるさい場合は、窓からうるさい音が入り込んでいます。

その場合は、窓枠にシールテープを貼り、窓の隙間からの音の侵入を阻止すると良いです。また、防音カーテンを使用すると、窓から部屋に入ってくる音を減衰させることができます。

耳栓+イヤーマフ
ドアの開閉時に発生する衝撃音に対して耳栓とイヤーマフを組み合わせて使うと、かなりの静寂を手に入れることができます。

睡眠時にドアの音がうるさくて安眠できない場合は、耳栓イヤーマフを使うのが良いでしょう。

音を発生させている人の対策方法

ドアは、丁寧に開け閉めをしていれば大きな音が出ることはありません。

しかし、ドアを手で勢いよく閉めたり、また風の強い日にドアが押されると、非常に大きな衝撃音を発生させ、周囲に迷惑を掛けてしまいます。以下にドアから大きな音を発生させないための対処方法を示します。

ドアクローザーの調整
ドアにはゆっくりとドアを開け閉めするためにドアクローザーという部品がドアの上部に付いています。

このドアクローザーの調整が悪いと、ほとんど機能しなくなり、ゆっくりとしたドアの開け閉めができなくなります。大抵のドアクローザーは、調整でドアの開閉スピードを変更する事ができますので、自分の好みの開閉スピードとなるようにドアクローザーを調整しましょう。

ドアクローザーの取り替え
古いドアクローザーは、ドアの開閉スピード調整機能が働かなくなっている場合があります。

その場合は、新しいドアクローザーに交換しましょう。ほとんどのドアクローザーは、プロの業者に頼まなくても、自分で交換することができます。