防音や遮音の対策

防音対策で騒音の悩みを解決

アパートの防音対策

当サイトでは、様々な防音対策・遮音対策方法をご紹介しています。

マンションやアパート等の騒音の悩みを解決することができます。

小さな子供やペット等がいて音を出してしまって悩んでいる方、また、部屋の周囲の音がうるさくてストレスを感じている方など、ぜひ当サイトで紹介している対応方法を実践してみてください。

悩み別の対策方法

上階のドタバタ音 隣人の生活音や話し声 犬などのペットの鳴き声

遊んでいる子供

子供が飛び跳ねたり走り回ったり、ストレスがたまってしまいます。

携帯電話で話している人

会話やテレビの音が気になりますよね。なかには歌いだす人まで。。

ペットのチワワ

犬は無駄吠えや真夜中(深夜)に遠吠えをすることがあります。
いびき パソコンの音 冷蔵庫の音

イビキ

寝ている本人は気が付かないけど、隣で寝てたらたまりません。

PC

ハードディスクのカリカリ音や冷却ファンの音、気になりますよね。

冷蔵庫

床との共振や古くなったコンプレッサーの音が原因です。
エアコンの室外機 楽器の音 ドアの開閉音

エアコンの室外機

ファンモーター又はコンプレッサーの異常や共振が原因です。

ピアノを弾く人

重低音は地響きを発生させ、高音は遠くまで鳴り響きます。

ドア

ドア自体が振動板となるため、とても大きな衝撃音が発生します。
電車・飛行機・大型トラック ウォーターハンマー マイカーの室内音

電車

地面や空気が振動しているため、建物自体が振動します。

水道の蛇口

水道管内の水が水道管にぶつかり、ドンという音を発生させます。

自動車

車種によっては防音材が張られていない自動車があります。

防音・遮音のための集合住宅(アパート・マンション)の選び方

物件

防音性にこだわるなら鉄筋コンクリート(RC)で建てられた物件が良いでしょう。壁は鉄筋が入ったコンクリートなので、遮音性に優れています。

鉄筋コンクリートに似たような建築方法の名称で鉄骨マンションというものがあります。鉄骨マンションは支柱が鉄骨なだけで、壁は薄い板の場合が多いです。そのため、鉄骨マンションは防音性にこだわるなら避けた方が良いでしょう。

木造アパートの場合は、建物の周囲の音がそのまま聞こえることが多いです。防音性はまったく期待できません。

理想を言えば、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、鉄筋コンクリート(RC)造りの物件で、最上階の角部屋、そして窓は2重サッシであれば、周囲からの騒音が部屋に侵入することはまずないでしょう。だから、防音や遮音にこだわる方は、できるだけこの条件に近い物件を選ぶようにすると良いです。

また、物件の立地選びも防音のための重要なポイントです。音の大きさは一般的にデシベル(dB)で表されます。住居として住む場合は、日中は55デシベル以下、夜間は45デシベル以下が良いとされています。普通に会話をしている時の音量は約60デシベルです。そして、静かな事務所内の音量は約50デシベルです。デシベル表示は6デシベル大きくなると音の大きさは2倍になります。

防音にこだわった物件の立地選びをするなら、道路に面していないか、線路そばでないか、そして救急病院や消防署がすく近くにないかを確認しましょう。また、日中、部屋にいる方は、幼稚園や保育園がすぐ近くにないかも気にした方が良いでしょう。園児はとても可愛らしいですけど、意外と大きな声や物音を出します。
【ストレス解消法】
仕事などでストレスが貯まっていると、部屋の防音の有無にかかわらず、ちょっとした物音でも気になってしまうものです。そんなストレス気味の方には、防音対策をするだけでなく軽いジョッギングもお勧めです。軽くでも走るのはムリという方は、慣れるまでの間は散歩でも構いません。軽く汗を流すことで、ストレスを大幅に軽減することができます。ストレスがなくなれば、些細な物音にはイライラしなくなります。防音対策も大変重要ですが、自分のストレスを無くすことにも留意をしましょう。