防音や遮音の対策

防音対策で騒音の悩みを解決

アパートの防音対策

当サイトでは、様々な防音対策・遮音対策方法をご紹介しています。

マンションやアパート等の騒音の悩みを解決することができます。

小さな子供やペット等がいて音を出してしまって悩んでいる方、また、部屋の周囲の音がうるさくてストレスを感じている方など、ぜひ当サイトで紹介している対応方法を実践してみてください。

悩み別の対策方法

上階のドタバタ音 隣人の生活音や話し声 犬などのペットの鳴き声

遊んでいる子供

子供が飛び跳ねたり走り回ったり、ストレスがたまってしまいます。

携帯電話で話している人

会話やテレビの音が気になりますよね。なかには歌いだす人まで。。

ペットのチワワ

犬は無駄吠えや真夜中(深夜)に遠吠えをすることがあります。
いびき パソコンの音 冷蔵庫の音

イビキ

寝ている本人は気が付かないけど、隣で寝てたらたまりません。

PC

ハードディスクのカリカリ音や冷却ファンの音、気になりますよね。

冷蔵庫

床との共振や古くなったコンプレッサーの音が原因です。
エアコンの室外機 楽器の音 ドアの開閉音

エアコンの室外機

ファンモーター又はコンプレッサーの異常や共振が原因です。

ピアノを弾く人

重低音は地響きを発生させ、高音は遠くまで鳴り響きます。

ドア

ドア自体が振動板となるため、とても大きな衝撃音が発生します。
電車・飛行機・大型トラック ウォーターハンマー マイカーの室内音

電車

地面や空気が振動しているため、建物自体が振動します。

水道の蛇口

水道管内の水が水道管にぶつかり、ドンという音を発生させます。

自動車

車種によっては防音材が張られていない自動車があります。

騒音対策・防音対策のためのグッズ

防音壁

防音壁は遮音壁とも言われます。

騒音を出している建物や部屋、道路や駐車場などから周囲の静寂性を確保するために設置される音圧を減衰させるための壁です。一般的に価格が割と安価で、屋外などの過酷な環境下でも耐久性が高いため使用することができます。

本来なら、騒音を発生させている工場や施設などの騒音源自体の音を抑制するべきですが、それが困難な場合に防音壁が用いられることが多いです。防音壁の素材は、多くの場合、アルミやグラスウールが用いられます。

防音パネル

防音パネルは、建物の外壁または、室内の壁に設置します。

防音パネルの素材は、石膏ボードやアルミ、セラミックなどが用いられることが多いです。正方形のパネル形状のため、取り付けが簡単で、設置時間も短期間で済みます。

遮音シート

遮音シートは騒音を遮る防音効果のあるシートです。

騒音を発生させている住宅の壁や天井、床などに張り付けて、外部に音が漏れるのを防ぎます。軟質性のシートのため、加工がしやすく折り曲げや切断が容易にできます。そのため、防音対策の専門業者に依頼をしなくても、遮音シートを購入すれば、自分自身で施工をすることが出来ます。

塩ビシートに金属粉が挟み込まれている構造を採用している場合が多く、金属粉の中を音が通ることにより、音圧が減衰されます。低周波から高周波までの幅広い音域で防音効果を発揮することができます。

防音カーテン

防音カーテンには、遮音だけでなく断熱や遮光の効果もあります。

室内からの音漏れ、または外部からの騒音の侵入を防ぐ働きがあります。厚手の生地を複重層に折り重ねた構造となっており、布の間には遮音材が挟み込まれています。一般のカーテンだと上部や最下部に隙間ができやすいですが、防音カーテンは密閉性を確保するために、カーテンの上部と底部はカーテンレールや窓に密着するような構造となっています。

また、防音カーテンは複数色が用意されていることが多いので、部屋の雰囲気に合わせて、好きな色を選ぶことができます。通常、防音カーテンは重い方が遮音効果が高いので、大幅な騒音カット効果を実感したいなら重量のあるものを購入する様にしましょう。最近は、カーテンレールの上部の隙間をふさぐ防音用のカーテンレールカバーが商品化されています。

遮音性を高めたい場合は、カーテンレールカバーもあわせて購入をすると良いです。ピアノやギター、トランペットなどの楽器や愛犬の鳴き声など、外部への音漏れが気になる方におすすめしたい防音商品です。

防音マット

防音マットは床に敷き詰めて、階下への音漏れを防ぐ騒音対策グッズです。

走り回ったり、飛び跳ねたり、ドタバタと歩いてしまう小さな子供がいるマンション住まいの方に、お勧めです。防音マットの構造は柔らかい衝撃を吸収することができるクッションで作られています。足から床に伝わる衝撃を和らげることで音の発生を防ぎます。基本的に防音マットは、人の会話の声やテレビの音などにはあまり効果は期待できません。

防音マットで防ぐことができるのは、足音に限定されると考えた方が良いです。様々な素材で作られていますが、効果が高いのは低反発素材で作られたものです。低反発素材は、足を床に下ろした時の衝撃を大幅に吸収することができ、しっかりと騒音の発生を防いでくれます。基本的には、普段歩く部分に防音マットを敷き詰めると良いでしょう。

コルクマット

コルクマットは、天然コルクで作られた防音マットの一種です。

ジョイント式が主流となっており、正方形のマットをつなぎ合わせて使用します。コルクと言う素材で出来ているため、夏は涼しく、冬は温かく過ごすことが出来ます。防音対策だけでなく、足腰の弱ったご高齢の方の膝の負担軽減などにも効果があります。

また、保温効果もあるので、エアコンの冷暖房代を削減する効果も期待できます。コルクマットを購入する時は、その粒の大きさも確認をするようにしましょう。大粒タイプのコルクは、通気性や弾力性に優れています。一方、小粒タイプのコルクは、遮音性に優れています。

防音カーペット

防音カーペットは、基本的に用途は、防音マットと同じです。

物を落とした時の落下衝撃音、歩き回るときに発生する生活音を軽減することが出来ます。布地のカーペットに衝撃吸収力のあるウレタンを貼り合わせた物が一般的です。防音カーペットには、「タイル式」、「ラグ式」、「オーダーメイド」、「不織布」があります。

タイル式は、汚れたり、傷ついた部分を簡単に交換できるのでメンテナンス性に優れています。ラグ式は通常のカーペットと同じサイズの物で、デザイン的にすぐれていものが多いです。オーダーメイドは部屋のサイズに合わせて、形をオーダーメイドすることが出来ます。

不織布は、フエルト素材で出来ており、安価といった特徴があります。床への振動を防ぎたい場合には、防音カーペットと防音マットを組み合わせるとより効果的です。

防音材

防音材は、ウレタン素材で作られているものが多いです。

ウレタンは発泡して作られるため、その内部には細かい空洞が沢山あります。その空洞を通過するときに音圧が低下するので、防音効果があります。

オーディオルームや静音室の壁に敷き詰めたり、パソコンの静音化、また、ドアを閉めた時の大きな衝撃音を吸収するなどの用途に使えます。ウレタンなので、折り曲げも容易で、ハサミで好きな形に切るのも簡単にできます。

防振ゴム

防振ゴムは、一般的にゴムもしくはジェル(ゲル)で出来ています。

エアコンや冷蔵庫、プリンターなどでモーター等による振動や騒音を防ぎます。シート形状の物は、カッターナイフで自分の好きな形に切り取って使う事ができます。

振動して音を発生させている機械の下に防振ゴムを置き、振動をゴムの弾性により吸収します。また、スぺり止め効果もあるので、滑りやすい机やテーブルに設置した機械が地震などで落ちてくるのを防止する効果も期待できます。

ゴム製品は一般的に時間経過とともに劣化をします。ですので、購入当時より、堅くなったりヒビが入ってしまったものは買い替えをする必要があります。

防音・遮音のための集合住宅(アパート・マンション)の選び方

物件

防音性にこだわるなら鉄筋コンクリート(RC)で建てられた物件が良いでしょう。壁は鉄筋が入ったコンクリートなので、遮音性に優れています。

鉄筋コンクリートに似たような建築方法の名称で鉄骨マンションというものがあります。鉄骨マンションは支柱が鉄骨なだけで、壁は薄い板の場合が多いです。そのため、鉄骨マンションは防音性にこだわるなら避けた方が良いでしょう。

木造アパートの場合は、建物の周囲の音がそのまま聞こえることが多いです。防音性はまったく期待できません。

理想を言えば、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、鉄筋コンクリート(RC)造りの物件で、最上階の角部屋、そして窓は2重サッシであれば、周囲からの騒音が部屋に侵入することはまずないでしょう。だから、防音や遮音にこだわる方は、できるだけこの条件に近い物件を選ぶようにすると良いです。

また、物件の立地選びも防音のための重要なポイントです。音の大きさは一般的にデシベル(dB)で表されます。住居として住む場合は、日中は55デシベル以下、夜間は45デシベル以下が良いとされています。普通に会話をしている時の音量は約60デシベルです。そして、静かな事務所内の音量は約50デシベルです。デシベル表示は6デシベル大きくなると音の大きさは2倍になります。

防音にこだわった物件の立地選びをするなら、道路に面していないか、線路そばでないか、そして救急病院や消防署がすく近くにないかを確認しましょう。また、日中、部屋にいる方は、幼稚園や保育園がすぐ近くにないかも気にした方が良いでしょう。園児はとても可愛らしいですけど、意外と大きな声や物音を出します。
【ストレス解消法】
仕事などでストレスが貯まっていると、部屋の防音の有無にかかわらず、ちょっとした物音でも気になってしまうものです。そんなストレス気味の方には、防音対策をするだけでなく軽いジョッギングもお勧めです。軽くでも走るのはムリという方は、慣れるまでの間は散歩でも構いません。軽く汗を流すことで、ストレスを大幅に軽減することができます。ストレスがなくなれば、些細な物音にはイライラしなくなります。防音対策も大変重要ですが、自分のストレスを無くすことにも留意をしましょう。